Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
http://wakamatsukoji.org/

という映画を観て来ました。

-----

『囚人狂時代』という
見沢知廉の獄中記を読んだことがある。
どういうきっかけでその本を知ったのか
もう忘れてしまったけれど、
ひとクセもふたクセもある登場人物たちの中に
「あさまさん」と呼ばれる無期懲役囚がいたのだ。

その「あさまさん」、
ちょっとコミカルに思えてしまう程に
何事にも全身全霊で取り組まないと気が済まない性格らしく、
刑務所内の工場の野球の対抗試合で
凄まじいすべり込みを見せた所までは良かったが
あばら骨を骨折してしまったり、
(本人談:足がよろけてしまった)
怪我から復帰したのもつかの間、
今度は一塁手に思いっきりぶつかって
左腕を骨折してしまったり。
(本人談:また足がよろけてしまった)
また、新年に催される『囚人歌合戦』では
練習に気合いが入りすぎて、貧血でフラフラする事態に。

それから、普通、古参の囚人は、
新入りが慣れない作業で戸惑っていても手助けはしないのだが、
「あさまさん」は親切にコツを教えてくれたり、
看守から新入りをかばってくれたりする優しい面も持っていたという。
 (但し見沢氏の見解では『こういうところでは、
  親切を越えて何か異常な献身癖を思わせた。』とあったが。)

ある日、工場の先輩の「金ちゃん」が
「あさまさん」の方を見ながら、
彼が誰だか知っているかと見沢氏にそっと聞いて来た。

 「いや、知らない。どっか変わっている感じだけど…インテリっぽいね」
 (中略)
 「連合赤軍って知ってるでしょ。山の中で14人殺してさ。
  あさま山荘に立てこもって銃撃戦したじゃない」
 「……吉野雅邦!」

あさま山荘事件といえば、
リアルタイムでは覚えていないにもかかわらず、
鉄球や放水作戦…事件史を取り上げたテレビ番組では
必ずといって良いほど流れるこの映像が
今でも強く印象に残っている。
だから、立てこもった人たちも
凶悪なテロ集団なんだと、ずっと思っていた。
が、この本を読んで、
私の頭の中は疑問符だらけになってしまった。
何故、親切な人があんな事件を?
何故、優しい人が仲間殺しを?
人間の心理って?
思想って?
連合赤軍って?
そもそも学生運動って一体何?

「あさまさん」こと吉野雅邦。

この人がなぜ72年の2月、
あの場所で銃撃戦をすることになったのか。
ただの興味本位かも知れないけれど、
ちょっとだけ、知ってみたくなった。
(後編へつづく)
[PR]
by vivian_n | 2008-09-24 00:27 | 心の琴線

朝もはよから

e0005280_9534663.jpg

来てます☆
[PR]
by vivian_n | 2008-09-21 09:53 | ひび。

世田谷文学館

e0005280_23444186.jpg
土曜日に世田谷文学館
『宮脇俊三と鉄道紀行展』を見に行った。
没後5年、初の回顧展なのだそうだ。

宮脇さんと言えば。

Yagoが鉄道関係、
特に『時刻表2万キロ』を
何回も何回も読み倒す程にリスペクト。
面白いから読んでみてと渡されたものの、
列車乗りつぶし系はさすがに興味が持てず、
途中放棄してしまったのであった。
でも『時刻表昭和史』や、特に廃線跡、
宮脇さん称するところの
いわゆる“鉄道考古学”関係は
とても興味深く面白かった。

しかも宮脇さんは百閒先生を
鉄道紀行文の祖としてだけではなく、
文章家としても尊敬していたという。

会場は、鉄道紀行文というジャンルが確立して行くまで
(内田百閒−阿川弘之−宮脇さんへの流れ)から始まって、
今回の目玉、『時刻表2万キロ』に出て来た白地図(実物)の展示など。
面白かったのは、宮脇さんが架空の路線を勝手に計画して、
その路線の時刻表まで作成するという企画。
(これは『線路のない時刻表』という本になっている)
こまごまと書かれた手製の時刻表の上の、はじっこの方に
「開通見込不明」とか「国鉄非監修」と書いてあったのがおかしかった。

私は私で、鉄道紀行文の始まりと言われている、
百閒先生の『阿房列車』(普及版)の本物が見れて
とっても嬉しかったのだった。

という事で、展示は9/15までとの事。
興味のある方は鉄分補給しに行ってみてねw
[PR]
by vivian_n | 2008-09-11 19:57 | 百閒先生

120年

来年は先生の生誕120年なんだそうな。
それを記念して、特集本が出たらしい、という情報を入手。
というわけで。


内田百けん―イヤダカラ、イヤダの流儀 (別冊太陽)
/ 平凡社
ISBN : 4582945163





もう手元にあったりするワケで(笑)
[PR]
by vivian_n | 2008-09-03 00:13 | 百閒先生