Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

8/25(金)@Soultrane

ギターのnaka-Gに誘ってもらって、
テナーサックス西田武司さんの
東京凱旋ライブで歌わせていただきました。

メンバー:
 西田武司(ts)
 中川'naka-G'幸良(g)
 伊藤暢幸(g)
 山田剛史(ds)
 わし(vo)

1-
1.When Lights Are Low
2.Come Rain Or Come Shine
3.Days Of Wine And Roses

2-
1.The Girl From Ipanema
2.The Thrill Is Gone
3.It Never Entered My Mind
4.Sometimes I'm Happy

ここんとこ(というかいつも?)わしのライブは
ドラムレスばっかりだった。
今日はドラムだけでなく豪華にテナーも入って
なんとなくニギニギしい感じ(笑)
長く尾を引いていた風邪の調子も
やっと回復したぜ!という感じ。
そして8月、わしにしては珍しく
4回もあったライブの最終回で
自分、お疲れさま!!という感じ。

そんな『感じ』×3の、
リラックス&開放感(?)なライブになりました。
録音聴いたらまたあれやこれや…あるんでしょうが(笑)
今日はもういいのっっ!!!
大きく息を吸って、はいて。
深呼吸するように歌いました。
naka-Gの、まだタイトルの決まっていないオリジナル、
すごく良かったな〜〜。

という訳で、8月のライブはすべて終了しました。
9月前半は何も無いので(笑)
セッションしに行ったり、ライブを観に行ったりしようと思います!
9月後半は、毎年恒例の北海道に行って来ます。
今年はいろいろ…旭浜のトーチカ群、炭坑跡、廃線跡…
観光地ならぬ、『観影地』巡りをねちねちと楽しむ予定です。
して、10月のライブは3日(水)の蕨/チョウゲン坊からスタートです♪
今月ご一緒させていただいたミュージシャンのみなさま、
遊びに来ていただいたみなさま、
どうもありがとうございました!
[PR]
by vivian_n | 2007-08-25 23:50 | JAZZ

夜は夜で…

旧安田邸について補足説明など。

防空壕の公開は今回のみのようですが、
水曜日と、土曜日の10:30〜16:00に
一般公開されています。
(ただし水曜は予約のみ、入館は15:00まで)
詳しくは、こちらをご覧下さい。

それから、写真にもありましたが、
応接間のジグソーパズルのような柄の床のタイルは
現在もなお修復中なのですが、
元があまりに『いい仕事』な為(笑)
修復にかなりの時間と、お金もかかるようです。
その修復を手助けする『タイル募金』もやっているようです。
私も少ないですが、協力させていただきました。

そして、夜は開店直後のイントロへ。
8/4のライブでご一緒した
ほういちさん、松尾さんとお店で落ち合う。
松尾さんから4日のライブを録音したMDをお借りして、
しばらくセッションした後、お店を移動して打ち上げへ突入(笑)
最初は和やかに始まった打ち上げも、
最後はみんなで毒を吐きまくり(爆)
これは、、なんちゅーか、、、、、

ま、ある意味デトックスですな。
[PR]
by vivian_n | 2007-08-18 23:59 | ひび。
……再び、現場からお伝えします(謎)

ワタクシは、現在、ようやく、
防空壕の入口の前へと辿り着く事が出来ました。
ご覧下さい!
e0005280_22321847.jpg

幅1メートルもない、石造りの狭い階段が
まっすぐ下へと続いております。
この階段を降りきった所の右側に
防空壕が作られている模様です。
その防空壕が一体どのような状態になっているのか。
ここからは、まったくと言っていい程、
中の様子を伺い知る事が出来ませんw

では、
いよいよ問題の防空壕に入ってみたいと思います。
あっ、カメラさん大丈夫ですかっ!?
e0005280_2237364.jpg


階段を降りて行くに従って、
湿気が増して来るのを肌でハッキリと
感じ取る事が出来ます……。
さあ、ではご覧ください!
e0005280_23245731.jpg


ガイドの方の話によると、
幅一間、奥行き二間ほどあるとの事です。
だいたい乗用車1台分の大きさと考えていただければ
分かりやすいのではないでしょうか。

奥の小さなスペースの左手には階段が取り付けてあり、
その上に四角いフタ状のものが…。
これは…緊急の出入り口のようにも思われます。
e0005280_23255565.jpg

ガイドの方の話を紹介いたしますと、
実際にはここに人が避難した可能性は低く、
大切な家財道具をしまっておく為に作られ、
利用されていたのではないかとの事でした。

いやはや。
どうやらワタクシ、ちょっと先走っていたようです。
財閥のお屋敷の防空壕という事でしたので
地中で1ヶ月は余裕で暮らせるとか…
ついそういうものを想像しておりましたが、
実際の防空壕の中は生活が出来る広さなど無く、
1ヶ月どころか1時間も居られないという事が
身にしみて感じられました。
…湿気で少し息苦しくなってまいりました。
では上に上がりましょう。

やはり地上の、外の空気は最高です。

さ、では気分を変えて、
次に2階に上がってみましょう。
e0005280_23262328.jpg

このスイッチ、屋敷のあちこちにあるのですが、
一体何のために、どうやって使用されていたのか、
現在のところ、詳しい情報は入っておりません。
e0005280_23324994.jpg

上がってすぐの座敷の襖の模様…これは…
松、でしょうか?
e0005280_23332024.jpg

ワタクシ、これを見た時に、
吉田戦車の『椎茸』というキャラクターを
つい連想してしまったのですが……

あっ、今のは編集でカットして下さいw
え、生中継…あ、そうでしたね。

e0005280_232771.jpg

e0005280_23272146.jpg


では、2階の開放感溢れるお座敷と、
そこから見えるお庭の木々をご覧頂きながら
中継を終わりたいと思います。
現場から、ワタクシ、
東海林がお伝え致しました(謎)
[PR]
by vivian_n | 2007-08-18 23:45 | ひび。
某SNSのとあるコミュニティに
こんなイベントのトピックが立てられているのを発見してしまった。
↓↓↓
http://www.national-trust.or.jp/archives/070818yteiboukugo.gif


…という事で、只今14時を廻った所です。
ワタクシは、千駄木にあります旧安田邸の防空壕が
本日午後13〜15時のみ公開されるという情報を
さる筋wからキャッチし、
潜入取材を試みるべく、屋敷の前までやってまいりました。
e0005280_18512023.jpg


さて。
潜入前に、まずはこちら、旧安田邸の説明をご覧下さい。

それではいよいよ屋敷の中へと入ってみましょう。
玄関を上がると4畳半ほどの座敷が、、、
おお〜、これは年代物のようですね!
座敷右側の1畳ほどの小部屋は電話室のようです。
e0005280_21334058.jpg

座敷を出るとすぐに廊下になっていますね。
奥の応接間に沿って一旦右側へ、
すぐの突き当たりを左に折れて、
そのまま奥へとまっすぐ伸びています。
ちょうど廊下が左に折れる突き当たりの右側には、、、
e0005280_21582344.jpg

これは、来客用の玄関のようですね。
棚の上に足元を照らす提灯が納められた箱が置いてあります。
この模様は家紋のようですねえ。
…さ、では奥へと進む……
その前に、この屋敷唯一の洋間である
応接間を覗いてみる事に致しましょう。
e0005280_21585622.jpg

e0005280_2291946.jpg

おおっ、急に天井が高くなって、開放感がありますね。
真ん中には大きなテーブルとゆったりとした椅子、
左側には大きな暖炉があります。
アップライトのピアノも置いてありますねえ。
e0005280_22385872.jpg

応接室の庭側は全面ガラス戸の明るいスペースがあります。
このスペースの床は、現在リノリウム敷きですが、
e0005280_22343246.jpg

本当はこのような床だったそうです。

e0005280_22174694.jpg

ではいよいよ廊下をずんずん奥へと進んでみましょう。
e0005280_22231893.jpg

e0005280_22233047.jpg

廊下の奥の右側にはお勝手と、
お勝手のもうひとつ奥にお風呂がありました。
お風呂はシャワーなんかも付いていますね。

ちょっと廊下を戻って、安田家の人達が日常使っていたという
居間を覗いてみたいと思います。
むっ!この照明、凝ってますね。
鳥の細工が施された飾りが付いています。
この照明は元からあったものだそうですよ。
e0005280_22411917.jpg

うをっ…これは……
e0005280_22414540.jpg

いよいよキナ臭くなって来ましたね……。
鉄兜と…真ん中にあるのは防火弾というものらしいです。
焼夷弾などが落ちて、燃えている所に
これを投げ込んで消火するらしいのですが…
さあ、この居間の一角の、
畳を上げた所に防空壕への入口が隠されているようなのですが…
あああっ!!
何やらすごい人だかりが…!!!
どうやら潜入取材をしているのは
ワタクシだけではないようですw
これは…『行列の出来る防空壕』と言っても過言ではありません!!!
入壕まで時間がかかりそうなので………

続きは後編とさせて頂きますw
では一旦スタジオにお返しします(謎)
[PR]
by vivian_n | 2007-08-18 23:00 | ひび。

8/17(金)@Four&More

17日は高田馬場方面でスペシャルなライブがあったので、
聴きに来てくれる人は少ないかも…
でも負けないぞっ!…と思っていたら
予想に反して多くの方にお越しいただきました。
嬉しかったです。

メンバー:
 Yago(P)
 isoboo(b)
 わし(vo)

1-
1.So Danco Samba
2.It Never Entered My Mind
3.On A Clear Day
4.Gentle Rain
5.Rain
6.Love For Sale

2-
1.Exactly Like You*
2.Moon River
3.Summertime
4.My Cherie Amour
5.My Ship
6.Thou Swell

3-
1. I Could Write A Book
(*=新曲)

今回は、私またはYagoの考えたキメの有る曲を
多くやろうという企画でした。
声はだいぶ元の状態に戻って来ましたが、
相変わらず咳が止まらない時があって、
歌っている途中で咳き込んだら…なんて
余計な事が頭をかすめてしまい、
アクセルを思い切り踏み込めないような
1セット目の導入部になってしまいましたが、
Gentle Rainの後テーマ後半の
isobooの弓での伴奏で、ハッと目が覚めました。
なんかisobooに「自分で立って、しっかり歌いなさい」と
言われている気が…したのです。

2セット目、Exactly Like Youの、
自分で考えたエンディングはYagoとisobooのお陰で
とりあえず纏まりましたが、
まだちょっと荒い感じが残ってしまったかな。
もうちょっと精度を高めたいです。
Summertimeも二人のお陰でなんとか着地。
最後の曲、Thou Swellまで気が抜けなかった感じでした。

3セット目のセッションは、
遊びに来てくれた方達に参加していただきました。
初めて聴く曲なんかもあって、聴いている方も楽しかったです♪
セッション参加組は、お店を出た後、近所のハワイの店でも
盛り上がったようですね(笑)

という事で、お越しいただいた皆様、ありがとうございます。
熱い友情に…感謝です。
[PR]
by vivian_n | 2007-08-17 23:00 | JAZZ

8/10(金)@渋谷ko-ko

ヴォーカルのかずみさんに誘っていただいて、
渋谷のko-koに初めて出演しました。

メンバー:
 黒川和美(vo)
 中尾剛也(g)
 伊東里栄子(b)
 わし(vo)

セットリストのメモを取り忘れてしまったので、
私が歌った曲のみ書いておきます。

1-
(1〜4はかずみさん)
5.In a mellow tone
6.Fly me to the moon
7.Moon river
8.'S wonderful

2-
1.I could write a book
2.My funny Valentine
3.It never entered my mind
4.The girl from Ipanema
(5〜8はかずみさん)

4日のアリエスのライブが終わって、
次の日起きたら、ほとんど声が出なくなっていました。
これではイカンと思い、月曜日に耳鼻咽喉科の先生に
薬を処方してもらい、金曜日までに体調を回復させる
予定にしていました。

ライブの前日、ちょっとしたハプニングがあって
急遽ギターが中尾さんという方になりました。
初めてお会いする方でしたが
なかなかの好青年で(笑)良かったです。
プレイも人柄がにじみ出るような
優しい雰囲気を醸し出していました。

そんなこんなで1セット目は無事に終了したのですが、
休憩時間にクーラーで体を冷やしたのか、
何故か左肩の肩甲骨の下あたりが急に痛くなって
最後まで息を吸い込めない状態に。
2セット目の歌の途中にはいいトコロで咳の発作が。
ライブ中に、咳で歌えなくなってしまうなんて初めて。
(カラオケでは結構あったが(笑))
結構ショックでもありましたが、
中尾さんがすかさず自分のソロに切り換えてくれて、
今回も、人の有り難みというか、
そういうものを感じずにはいられませんでした。

そんな訳で、誘っていただいたかずみさんには
申し訳ないと思う事ばかりになってしまいました。
もしチャンスがあれば、リベンジしたいと思いつつ…

でもまずは体調回復だよな〜〜………。
[PR]
by vivian_n | 2007-08-12 01:01 | JAZZ
数年ぶりの、2回目の、
アリエスでした。

メンバー:
 中村'ほういち'忠(g)
 戸井春夫(p)
 生沼邦夫(b)
 松尾はるみ(vo)
 わし(vo)

1-
1.Our love is here to stay
2.Moon river
3.The thrill is gone
---↑わし↓松尾さん---
4.Little girl blue
5.Stompin' at the Savoy
6.Call me

2-
1.The night has a thousand eyes
2.I've got a crush on you
3.Here's that rainy day
---↑松尾さん↓わし---
4.Triste
5.My ship*
6.I thought about you

3-
1.Night and day
2.Gentle rain*
3.Up jumped Spring
---↑わし↓松尾さん---
4.Angel eyes
5.All the things you are
6.Don't be that way
(*=新曲)

この週の初めぐらいから風邪で調子が悪く、
いろいろ悪条件が重なって、
木曜日の朝、
起きてみたら声が枯れていました。
なんとかライブの時までには回復したものの、
セットが進むごとに、また声が出にくくなってしまい、
最後は声を吐き出すようにして歌いました。
元々ノドは強いほうで、
今までに声が枯れた事は、過去を振り返っても
1回しかなかったのですが…
過信はいけないです。
猛省しましたorz

という事で、体調的にはあまり思わしくない状態だったのですが、
ライブは体調に反して、クールに、アツく盛り上がったりして(笑)

3セット目の限界に近づいたかすれ声の語尾を、
オブリガードでやさしくフォローしてくれたほういちさん。
一緒に演奏するという事の意味を
またひとつ教えてもらったのでした。
[PR]
by vivian_n | 2007-08-08 21:08 | JAZZ