Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ドロシー・ハミル

ケーブルテレビのスポーツのチャンネルをたまたま見ていた。
番組はフィギュアスケートの大会で、画面の左上には
「1999 ケリ・ローション」と書いてある。
1999年の、ケリ・ローションというのは会場なのだろうか?
ちょうど女性選手が滑り終わり、次に出て来たのは男性の選手だが、、
彼はアフロづらに銀色の伊達眼鏡、コスチュームは胸の部分が大きくV字に切れ込み、
曲も70〜80年代のソウル。観客も盛り上がって大合唱だ。
そうか。きっとこれはアメリカの大会だな。
それしか考えられない(笑)

次に出て来たのはドロシー・ハミルという選手だった。
コスチュームはピンク色のシンプルなワンピースだ。
解説者が、彼女は43歳で、かつてオリンピックで
金メダルを獲得した事があると言っていた。
なるほどそうか。道理でコスチュームが地味なはずだ。
きっと昔取った金メダルのお陰で今も大会に出させてもらってるんだな。
と、その時は正直そう思った。

曲が静かに始まった。
やっぱり衣装と同じで滑りも至ってシンプルだ。
ジャンプも2回転しかしないし。

だが、
何と言えばいいんだろう。
まるで美しいメロディがレガートで奏でられているように、
彼女の足の先が、指の先が、流れるように弧を描いて行く。
もちろん指先や足さばきに細心の注意が払われているのは
見ていてもよく分かる。

2回目のジャンプ。
「無駄がまったくありませんねえ」と解説者。
ジャンプの為に加速しているのさえ気がつかなかった程だ。
なんて美しいんだろう。
自然に涙があふれて来た。
ああ、この人は本物なのだ。

彼女の得点は決して高くはなかった。
しかし、審判も、選手達も、そして観客もきっと皆判っているのだ。
点数には表せないものが、そこにあったという事を。


佐倉ほたさんのblog"一番!"よりトラックバック
ドロシー・ハミルの滑り 〜1999ケリ・ローション〜
[PR]
by vivian_n | 2005-11-25 19:12 | 心の琴線

西日暮里しゃもきち

e0005280_1217189.jpg
昨日は今年最初の気の早い忘年会(^^;
会場は西日暮里のしゃもきちにて、
なんと午後2:30より開始。
料理はコースで、お通し→牡蠣と鱈の白子ぽん酢→お造り
→軍鶏鍋(すき焼き風)→串焼き(ハツ、正肉、つくね、手羽先)
最後に、残った軍鶏鍋汁にうどんを入れて。
(写真はお通しです)


いやー本当に美味しかった!!
軍鶏鍋ではもも肉と胸肉が出て来ました。
もも肉は少し煮て、胸肉はしゃぶしゃぶの要領で。
この胸肉、うまーーーーーーい!
噛むと、まさに「じゅわ」と鳥の旨味が。
何年も前、「恵比寿で軍鶏鍋食ってるよ」と
妹から電話があり、急いで駆けつけると
もうスープしか残ってなくてorz
やっと軍鶏のを食べられた嬉しさも手伝って
気分は盛り上がりまくり。

さすがに2次会は遠慮させて頂きましたが、
(なんせその日は名だたる酒豪達の集会でもあった)
帰って来て見たサッカーの試合。
なんだよあの後半終了間際の失点は!!
これでもう優勝はないだろう。。
気分は盛り下がりまくり。
Yagoなんかやけ酒とばかりに
ホッピー飲んじゃってんの。あーあ。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-24 12:17 | ひび。

買ってしまった。

西原理恵子の「ぼくんち」。
夏に稚内のお天気屋で、
立ち読みならぬ座り読み(当たり前か)で
読破した「ぼくんち」。

一回読んだから自分の中で気が済んだかと思いきや、
また読みたくなってしまった。
そんなわけで、気が向いたらこの本(つーかマンガ)で
ぐっと来た所など書いてみたいもんですが、
この本、読んだ人によってぐっとくる場所がかなり違ってて
そっちの方が面白いかも知れない。

さてと。今晩はFour&Moreのライブに遊びに行きます。
今日のバンド、通称「モーホバンド」って言うんですけど(^^;
全員レイザーラモンHGみたいなコスチュームだったらどうしようかと(ry
[PR]
by vivian_n | 2005-11-22 18:18 | ひび。

忘れられない夢

今朝、何かの夢を見ている途中で起こされた。
どんな夢だったかはいつもの通り覚えていない。
せっかくなので
今までに見た中で一番笑える夢の話など。
それは、私が独り暮らしを始めて少したった時のことだった。
ワンルームの細長い部屋の両側にはまだ引っ越しの荷物が置いてあって、
しばらくの間、部屋の真ん中辺りで、玄関の方に頭を向けて寝ていたのだ。

---

夜中、ふっと目を覚ますと、
何故か玄関のドアが開いている。
そして、そこに、ハンチングの帽子を目深にかぶった
やばそうなオヤジが立っていた。
……私、玄関の鍵を掛け忘れたんだ!!
こうなったら自分の命は自分で守るしかない。
周りをすばやく見回すと、
クリーニングの時に付いて来るワイヤーのハンガーが1本。
しょうがない。これで何とか凌げるか…?
ガバッと起き上がり、そのピンク色のハンガーをひっ掴むと
オヤジに勢いよく殴り掛かろうとした。
「うおおおおおおおおおおっ!」
その途端、びっくりしたようにオヤジは頭をガードしながら
「おいおい、ちょっと待ってくれよ!俺だよ、俺!!」

えっ……!?

そのオヤジはアセりながら深々とかぶっていた帽子を上げた。
そこには見慣れた、猿顔の人懐っこい笑顔があった。
「っなんだあぁぁ〜〜〜サブちゃんじゃん!!久しぶり〜〜!!!」
その人は、北島三郎だった。

気がつくと、いつの間にか私の部屋の玄関ではなく
どこかの高層マンションの階段の踊り場にいた。
空は青く、日差しが気持ちいい。
私は久しぶりに会ったサブちゃんに近況を報告したり、
世間話に花を咲かせたりした。
ふと会話が途切れた。
手すりにもたれ、何とはなしに階下の景色を眺めていた私に
サブちゃんは言った。
「いい加減ジャズなんかやめて演歌に戻って来いよ」
私は驚いて顔を上げた。
サブちゃんの目は「全て分かっている」とでも言いたげに微笑んでいた。

---

ええと。
ここで目が覚めたんですが、
その途端あまりのありえなさに一人でゲラゲラ笑っちゃいました。
ネタのような夢ですが、これ、本当に見たんですよ。
それから、夢の中ではすごい親し気ですが、
北島三郎さんとお会いした事などまったくありませんし、
演歌を歌っていた事もありません。(嫌いじゃないですけどね(笑))
いや〜今思い出しても笑えます。

あともう一つ、予知夢というか、すごい不思議な夢を見た事もあります。
これは…次回だな(笑)
[PR]
by vivian_n | 2005-11-21 10:41 | ひび。

開いた歌と閉じた歌

何かのCMでもこんな感じの台詞がありましたね。

ちょっと歌に関して少しだけ思っている事など。
目を開けて、こっちを見て歌っている場合って、
向こうからの気持ちが伝わりやすい。
これは、開いている歌。
逆に、目を閉じて歌う場合って、自分の世界に入ってる感じ。
これは、閉じた歌。
だからといって、自分の世界に入るのが悪いという訳じゃない。
この場合は、開いている歌の時とは逆に、
聴いている方が主体となって、歌の人が作った世界を想像して感じ取るのだ。
この、オン/オフの表現の絶妙なバランス感覚の持ち主が
「いい歌を歌う人」と言われるのでは

……ないか?

念のために付け足しておくけれど、
これだけが重要かと言われればそうではない訳で。
しかし使い方が悪いと押し付けがましくなったり、
逆に何も感じなかったりするのは
オン/オフが少なからず関係している。
と、思う今日この頃。

で、何が言いたいかというと、
15日は入谷Four&Moreにてライブでした。
この日の私は初めてと言っていいぐらい閉じまくっていました。
閉じている、というより「後ろ向き」だった。
過度の緊張によるプレッシャーから
自分を押し潰してしまった。
原因はいろいろあるけど、最大の原因は練習不足。
これに尽きます。
ライブの後半は、遊びに来てくれていた
ドラムの人を引っ張りだし、助けてもらった。
何としても、雰囲気を変えたかったのだ。

数日後、NHKの趣味悠々という番組をたまたま見た。
カルチャースクールのテレビ版のようなその番組は、
その日は「大人の為の初めてのピアノ教室」みたいなシリーズの最終回で、
ピアノ発表会の形式で進行していた。
発表直前、先生が生徒たちに言葉をかけた。
「お客さんが入ると、プレッシャーがぐぐーっと向かって来ますが、
それを押し返しちゃうぐらいの心構えでやって下さいね」と。

その言葉が、私の胸に刺さった。
練習あるのみ、です。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-19 00:20 | JAZZ

荒とよライブ vol.2

今日は荒とよライブの2回目だ。
メンバーは前回と同じ、
Yago、isoboo、たいこさんと、私。
日曜のライブ、それも11月なので
ライブ開始は午後4時。
終わっても7時だから、
そのまま残ってもうちょっと飲む事も出来るし、
月曜日の為に早く帰る事も出来るという
お客さんにも優しい(?)ライブ。

2回目という事もあって
セッティングも慣れて来た。
ライブも1stはさすがに聴く方も演奏する方も
お互い緊張していたりするが
回が進むにつれ、お酒も手伝って
和気あいあいとした、楽しい雰囲気になって来る。
そういえば誰かが1ショット1500円なんて
お酒をごちそうになっていたな(笑)
私は水をがぶ飲みしていた。

お客さんもいつの間にか満員。
ジャズの好きな、年上の方々との話も楽しいが
この会には若い人たちも来てくれたりして嬉しい。
前回同様、アンコールをいただいたので
酒屋さんということもあり、
「酒とバラの日々」でライブを締めくくった。
来て頂いた方、荒とよマスター、
どうもありがとうございました。

次回は来年の3月です。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-13 22:00 | JAZZ

マルチーズ

e0005280_11343189.jpg高校の時に仲の良かった友達の家に
ラムちゃんというマルチーズがいました。
「うる星やつら」のラムちゃんから取った名前ではなく、
子羊みたいだから、ラムちゃん、と名付けられました。
今考えるとそれって肉の方じゃん、みたいな(爆)

子供の時から家で飼っていた犬と言えば
ポインターやセッター、小さめの所でビーグルで
中〜大型犬に慣れていた私は
小型犬はキャンキャンうるさいし、わがままそうだし、
どちらかというと嫌いな方でした。
確かにラムちゃん、遊びに行った直後は
吠えまくるし飛びつきながら噛み付いて来るし(甘噛みだけど)

いや〜でもマルチーズかわいいっ!
そういえばts奏者のI氏もマルチーズ大好きなんだよな〜〜。

というわけで、明日は荒とよさんでの第2回目のライブなんでした。
曲順考えながら、落書きもする、遊び心のあるワタクシです。
明日のライブ、とても楽しみです。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-12 22:00 | ひび。
e0005280_1130690.jpgああ。
昼間仕事してないって嬉しいけど不安。

モンシロチョウの幼虫らしきイモムシは、
最初にとまっていた草(ミチタネツケバナという草らしい)からして
スジグロシロチョウかも知れないとの事。
どっちにしてもこの時期羽化したら死んでしまうので
夜間に光を当てないようにして羽化をさせず、蛹のまま越冬させた方が
いいとの情報をゲット。Hさんありがとう。へいや〜。

さて幼虫はと言えば。
昨日の夕方に見たら、すでに枝や種の部分までも食べ尽くしてしまい、
茎1本を残すのみとなってしまったので
家にあったキャベツの葉と大根の葉の2種類を贅沢にも
幼虫の周辺に配置してみました。
早速気づいてくれるかと思いきや
相変わらずタネツケバナの茎をかじかじしているので
葉っぱの先で幼虫の体をつんつんしてみたら

きゅいっ!!

と急にのけぞるので、私の方がびっくりしてしまった。


で、今朝見てみたらキャベツの葉っぱが半分以上無くなってる!
わーすごいなあ、うんちもキャベツを食べると色が薄くなるんだなー。
と変な所に感心し、よしよし今日の餌は白菜ね、
なんて感じで白菜の葉っぱを置いておきました。
しかし、お昼前にプランターを見に行くと、
もう幼虫の姿はありませんでした。





羽化するの早いね。









何か寂しくなってしまったので、
蝶好きのH氏がここはいい!!と押していた
足立区生物園に出かけてみました。
生物園は足立区保木間にある元渕江公園という、
まん中に大きな池があって、そこで釣りをしている人が居たりする
なんとものんびりした感じの公園の敷地内にあります。
館内には蝶の温室があって、それ以外も
結構充実しているんだそうな。

行ってみると、蝶の温室は2階まであって、
かなり大きいものでした。
温室の中には池というか水槽?があり、その中にいる魚は
1階の大きなガラス窓から見られるようになっていて、
蝶の温室以外にも、
別館(?)にミニブタ、モルモット(さわらせてもらった)、
クジャク(これはさわってはダメらしい)、カルガモ、オシドリなど。
シマリスは皮膚病だったが目の前に来て愛想をふりまいてくれた。

本館の中にはガラス張りの蝶の幼虫飼育室みたいな部屋があって、
私が窓越しに真剣に幼虫を見ていると、
白衣を着たお姉さんがわざわざ出て来て説明してくれた。
幼虫はオオゴマダラという蝶のだった。
蛹も一緒に見せてくれた。金色に塗装したピーナッツのサヤが
ぶら下がっているような感じで、生き物が入っているようには感じない。
「幼虫、触ってみますか?」と聞かれたけれど、
また「きゅいっ!!」とされたら心臓が止まるかもしれないので
遠慮させてもらった。

特別展として「犬、人と出会う」なんてのをやっていたので
さらっと見てみる。犬の人気ランキングが張り出してあって、
以外にも1位は柴犬だった。
私の好きなマルチーズはランク外。
ランク外になって泣いているマルチーズのイラストがかわいかった。
つーか、マルチーズは何してもかわいいのに。
みんな判ってないよなあ。
展示を見た後、盲導犬のフィルムをちょこっとだけ見て生物園を出た。

公園の入口では、来た時は気がつかなかったが
オヤジ密度が異常に高い場所があるので
何かと思い見てみると、何組もが碁盤を囲んでいたのだった。


足立区生物園
http://www.adachi.ne.jp/users/seibutu/
[PR]
by vivian_n | 2005-11-10 22:00 | ひび。

イモムシ観察

ぬは〜、、自転車通勤も終わりです。
今までこんなに通勤が楽しいと思った事はありませんでした。
仕事場の人たちもベタつかず、かといってクール過ぎず、
かなり落ち着ける所だったのに、、残念です。
その職場に、某ライブハウス(ジャズの)の経営者と繋がりのある人が
偶然居たりしてびっくりしたり。
まあでも最初から期間限定だったので、しょうがないよね(;_;

という訳で、今週から失業中なワタクシなんでして、
ウダウダしてるのも何なので(笑)
溜まっていた大物の洗濯物をやっつけ、
ベランダでよいしょっ、とシーツを物干に掛けている時に
ひょいっと室外機の上に置いてあるプランターに目をやりました所、
2cm程の緑色のイモムシが1匹。
プランターは荒野と化していて、3,4株ぐらいしか草が生えておらず、
(そのうち1株は私の嫌いなカタバミだったので速攻引っこ抜いた)
イモムシはその中の小さな雑草の一つにつかまって
必死に葉っぱを食べております。

---
ちょっと話がそれますが、
家の玄関まわりには Yago母があまりの花の可愛さに
横浜の某有名公園から持ち帰った(!)ヒメツルソバが大繁殖しておりまして、
そいつは花の可憐さとは裏腹に、
最近は家だけでなく、近所にまで着実に勢力範囲を広げているという、
ま、「オレンジ色の憎い奴」ナガミノヒナゲシみたいな奴なんです。
で、そいつが春と秋にものすごい勢いで成長するので
伸びすぎると葉っぱを刈り取ってしまうのですが、
その時に出るわ出るわ、イモムシ、ナメクジ、ダンゴムシ、ワラジムシ(渋っ)
ヤスデとかも出て来るのでホント大変なんですよ。
イモムシの中で多いのはヨトウムシと、コレ↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/hagurohabati.html

最初何の幼虫か知らなかったんですが、
あまりにもそのイモムシばっかりだったので
タデ科の植物(ヒメツルソバはタデ科)で調べてみたら。
成程〜〜。
やっぱり好きな葉っぱの種類って決まっているのですね〜〜。
確かに成虫らしき虫がハイビスカスの周りをブンブン飛んでいますね〜。
---

以前↑のような事があったので、
イモムシが食べていた葉っぱを見てみました。
葉っぱは、、、なんかクレソンぽい。
花は、、、咲いていない、というか、もう種がついてる!
あ、この種のつき方は、菜の花、、そうかアブラナ科だな〜。
アブラナ科に付くイモムシは、、モンシロチョウ??

モンシロチョウの幼虫らしきイモムシは、
もきゅもきゅ食べていたかと思うと、茎につかまったまま
全然動かない時もあり、結構見ていて楽しいので
ちょっと観察してみる事にしました。
幸い、チョウ大好きな人も知り合いにいるし。

つか、なんか一気に老後の楽しみって感じで
私は仕事に復帰出来るんだろうか。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-08 22:00 | ひび。