Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5/22@Four&More

コンスタントに歌い続けたいと
最近本気で思っている。
せっかくライブで発見しそうになった
大切な何かを
忘れてしまわないように。

というわけで
5/22@Four&More。
Yago(p)と
isoboo(b)と。

1st)
1.Almost like being in love
2.The thrill is gone
3.My ideal
4.Our love is here to stay
5.Bye bye blackbird

2nd)
1.Night and day
2.Up jumped Spring
3.Summertime
4.Triste*
5.We'll be together again*
6.'S wonderful
(*:新曲)

前回のライブの時のような
作曲家の特集などは特に組まず、
(ちなみに前回はJimmy Van Heusen特集)
歌い慣れた曲を中心に選曲。

1-4:
歌い慣れた曲をisobooとデュオで、と始めたところ
いきなり亜空間へw
いや、でも出だしは大丈夫だった気もするけど…
要はキーが分からなくなってしまったのだ。
こういう事態はあまり経験が無いので
後で録音を聴いてみるとしよう。
きっと面白い趣向だったに違いないw

2-1:
ワシの出したテンポ通りに弾いたと
Yagoは言っていたが
そんな筈はないと
ツッコミを入れたくなるぐらいの
(実際入れた)
かなり早いテンポ。
譜割を変えて歌う練習の成果が
ちらっと見え隠れしていた気が…するが…。

2-3:
前半ABを4ビートで、
後半ABから後テーマまで2拍3連という
ちょっと変化を付けたアレンジで。
この曲には、
エンディングで楽器とどう交流していくかという
課題があったのだけど、
んーーー、まあ結果的にYagoとisobooに
助けられた感じかな。
どうも一人でなんとかしようと思ってしまう所が
いけないと感じている。
これは性格って事もあるのかな。

2-5:
サビの所を何も考えないで歌うと
2小節ずつのブツ切りを
ただ4回繰り返しているように聴こえるので
変化を付けるともっと良くなるかも知れない。

2-6:
とにかく速いテンポの曲を、という事で。
早いテンポを大きく取って
ゆったり歌うという事が課題。
もっと緩急が付けられれば良かったかなと思う。
この課題は引き続き試行錯誤するので
Yagoとisobooは
脂肪を蓄えずに体力を蓄えておくようにw

それにしても、
isobooの音が以前より厚みが増して来て
聴くだけで何か感慨を催して来るから不思議。
ただ単に『エロい』というのとは違う、
ひどく抑圧されているのに、
それを美しいもので覆い隠しているような。

isoboo、よ…抑圧されてるの……?(爆)
[PR]
by vivian_n | 2007-05-24 22:56 | JAZZ