Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

トロッコ列車(4/8@熊本-2)

立野駅からほど近い所に立野橋梁がある。
あそ1962号は観光列車なので、駅で20分停車し、
徒歩で橋を見に行けるようになっている。
昭和3年に架けられた鉄橋なのだ。
行かいでかw
というか、私達はここでトロッコ列車に乗り換えなので
待ち時間はたっぷり、40分ぐらいあるのだ。
e0005280_1215543.jpg

橋の所から、下に降りる道があったので
最初はずんずん進んでみたが、
なかなか道が途切れない。
もしかしたら川の所まで降りられるのかも知れない。
周りに誰もいなくなってしまって
さすがにちょっと怖くなって来た。
e0005280_1221270.jpg

しばらく鉄橋の辺りをうろうろして、
駅に戻ってみると、トロッコ列車がホームに停まっていた。
e0005280_1222851.jpg

いよいよ出発だ。
まずは、さっき見に行った立野橋梁を渡る。
通過する時に下を見てみたら、
やはり下に道らしきものがある。
行ってみれば良かったとちょっと後悔する。
e0005280_123130100.jpg

この後は、日本一長い駅名に返り咲いた
『南阿蘇水の生まれる里 白水高原』駅を通り、
(4/8の時点では返り咲きが決定してなかったw)
遠くに一心行の桜を眺めて、高森駅に着いた。

高森駅横の広場では、
約1時間後に出る折り返しのトロッコ列車を待って、
ゆっくりお弁当を広げる人達で賑わっている。
私達はそれを横目に
立野方面行きの列車に乗り込んで立野まで戻り、
そこから阿蘇に行って、近くの温泉に浸かった。

肥後大津から熊本空港行きのバスが出ているというので
熊本には戻らずに肥後大津駅で降りる。
空港行きのバス停らしきものが無いので
どうなってるのかと思っていたら、
バス停は線路の反対側にあったのだった。
しかし、いつバスが来るか分からないのだという。
途方に暮れかけていたら、
バスが凄い勢いでやって来て、
私達を乗せると
これまた凄い勢いで発車した。

凄い勢いで景色が通り過ぎて行く。
熊本の旅の感慨に浸る間もなく空港に到着し、
飛行機は定時に離陸し、
夜の闇の中、
雨上がりの羽田空港に降りた。
[PR]
by vivian_n | 2007-04-08 23:00 | 旅行