Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

密かな野望(4/7@熊本-2)

熊本城は、繁華街のど真ん中に聳えている。
というより、城下町のほうが時代と共に
移り変わってしまったという事か。
とりあえず加藤清正公にポーズをキメて頂いたw
e0005280_1361920.jpg

ちょうど今『熊本城築城400年』のイベント中らしい。
修復されている所があるにせよ、
現存しているという事に圧倒される。
城自体も美しいけれど、石垣もすごいなー。
よくもこんなに美しく積んだものだと思う。
あまりの美しさに興奮したのか、
どこかの子供が石垣に取り付いて登ろうとしていた。
e0005280_1393175.jpg

ところで、観光地らしい観光地がそれほど好きではない私が
なぜ熊本城に来たのか。
それは百閒先生が熊本城の石垣をバックに
写真を撮っているからに他ならないw
例の写真集片手にきょろきょろ見回していたら、
それらしい場所が見つかった。
実は、撮影した場所を探す事が出来たら、
先生と同じアングルと同じポーズで写真を撮ってもらおうと
密かに心に決めていたのだw
喜々としてポーズを決めるワシwww

天守閣から下界を眺めた後は、
次の目的地、水前寺公園へ。
e0005280_1212585.jpg
さて、ここでまたすかさず
『先生の写真集』を出してみましょう。
47ページ。
百閒先生が公園の太鼓橋の上で、
こちらに向かって手招きをしている
写真が載っている。
もしかして橋が架け替えられていたら
どうしよう、
すでに無かったらどうしようと
微妙に心配だったのですが、
今、目の前には
その時とまったく同じ太鼓橋が。
しかし、その日は雨が降っていたらしく、
写真の中の先生は傘を差している。
今日は生憎の晴天だw
ここまで来て悔しいけれど仕様が無い。
傘を持っているつもり、という事で写真を撮ってもらったら、
e0005280_1271935.jpg

写真の中のワシは、
何故か傘を持っていたのだったwww

公園内をのんびり回遊する。
池の鯉を眺めたり、
角度によって変わる景色を楽しんだり。
以前はこういう所を見ても、
面白くもなんともなかったのだけれど。
人の感覚というのは変わって行くんだなと実感する。
それとも、歳のせいなの?……orz
いや、きっと、こういうものが
ちょっとずつ分かるようになって来たんだと思いたい。

しかしここの鯉は異常にでかい。
しろひさんが鯉に餌付けしていたら、
何気に亀まで紛れ込んでいたのには驚いた。
ううむ奥の深い公園だw
e0005280_22533947.jpg

つか、
亀必死だなwww


(special thanks:ゆーちゃん)
[PR]
by vivian_n | 2007-04-07 23:00 | 旅行