Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハチミツとクローバー、と

読み終わって、
フロに浸かりながらフト思った。

これを描き切った羽海野さんは、
5人と、それを取り巻く人達の
たった数年間の、だけれどとっても濃密な時間を
全部ひとりで生きたのかと。

…どうでもいいけど考え事をする時って
だいたいフロだなワシってばw


きっと描き終わって、
しばらくは放心しちゃうだろうなーと。
そうしたら、やっぱり最終巻のおまけの書き下ろしに、
そんな事が書いてありました。

ストーリーだの何だのは、この際置いておきましょう。
羽海野さんにはゆっくり充電して頂いて、
また素敵なお話を紡いで欲しいものです。

それにしても、実際に行った事のある場所が
出て来ちゃったりすると、
それも、その場所が効果的に使われていたりすると、
もうそれだけで感動しちゃうものなんですね。

では、お見せしましょう!
竹本くんが悟りを開いた(のか?)あの場所を!!
(写真は2003年に撮ったものです)

e0005280_2233844.jpg

ちなみにこれの右側手前には、
私の大好きなホタテラーメンの間宮堂があるんです。
さすがにあのシーンで間宮堂は…出せんだろうなw
つーか、次のページで竹本くんが
間宮堂でラーメンずるずるして
「おほっ」「たはっ」なんて言い出したら……なんて


普通は考えないわな。

e0005280_22204835.jpg

別の角度からもどうぞw

見た後は、きちんと歴史のお勉強もしましょう。
実は結構物々しかったりします。
e0005280_22273650.jpg


最後に、竹本くんも見ていたであろう景色なぞ。
e0005280_22362780.jpg

この写真では切れちゃってますが、左側に公園があって、
記念碑(?)はそこに建っています。

竹本くんの自分探しの旅、
同行させてもらっているようで、本当に楽しかったです。
[PR]
by vivian_n | 2007-03-12 22:04 | 心の琴線