Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

かぼちゃと風船画伯

e0005280_1535999.jpgいや〜、絶版になっているので手に入れるのは困難なのかと思っていたら
amazonで買えちゃうんですね〜〜。
便利ですねまったく。(といっても定価より高いけど)
この本は、版画家・谷中安規の生き様を、
生前に彼と交流のあった人たちの話を元にまとめたもので、
所々に彼の作品や散文なども載せられています。
私が彼の作品を初めて見たのは確か1年ぐらい前、
たまたまつけていたテレビででした。
確か30分ぐらいの番組だったと思いますが、
その作品達を見たとたん、何とも言えない雰囲気に圧倒されてしまいました。
幻想的で、かわいくて、だけど何故か心が痛くなるような。。
生前は百閒先生とも交流があり、彼に付けられた『風船画伯』というあだ名は
百閒先生の命名によるものだそうで、いかにも先生らしさを感じるなぁと
ほのぼのした気分になってしまいますが、
その飄々とした雰囲気のあだ名とは裏腹に、かなり屈折した子供時代を過ごしたようで、
初期の作品は私が見たものとはだいぶ趣が違うようです。
でもこうなったら作品をこの目で見てみたい!!
どこかで作品展やらないんですかね〜〜?
[PR]
by vivian_n | 2006-07-18 22:19 | 百閒先生