Jazzヴォーカリスト「びび」こと工藤直子の日々。


by vivian_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イモムシ観察

ぬは〜、、自転車通勤も終わりです。
今までこんなに通勤が楽しいと思った事はありませんでした。
仕事場の人たちもベタつかず、かといってクール過ぎず、
かなり落ち着ける所だったのに、、残念です。
その職場に、某ライブハウス(ジャズの)の経営者と繋がりのある人が
偶然居たりしてびっくりしたり。
まあでも最初から期間限定だったので、しょうがないよね(;_;

という訳で、今週から失業中なワタクシなんでして、
ウダウダしてるのも何なので(笑)
溜まっていた大物の洗濯物をやっつけ、
ベランダでよいしょっ、とシーツを物干に掛けている時に
ひょいっと室外機の上に置いてあるプランターに目をやりました所、
2cm程の緑色のイモムシが1匹。
プランターは荒野と化していて、3,4株ぐらいしか草が生えておらず、
(そのうち1株は私の嫌いなカタバミだったので速攻引っこ抜いた)
イモムシはその中の小さな雑草の一つにつかまって
必死に葉っぱを食べております。

---
ちょっと話がそれますが、
家の玄関まわりには Yago母があまりの花の可愛さに
横浜の某有名公園から持ち帰った(!)ヒメツルソバが大繁殖しておりまして、
そいつは花の可憐さとは裏腹に、
最近は家だけでなく、近所にまで着実に勢力範囲を広げているという、
ま、「オレンジ色の憎い奴」ナガミノヒナゲシみたいな奴なんです。
で、そいつが春と秋にものすごい勢いで成長するので
伸びすぎると葉っぱを刈り取ってしまうのですが、
その時に出るわ出るわ、イモムシ、ナメクジ、ダンゴムシ、ワラジムシ(渋っ)
ヤスデとかも出て来るのでホント大変なんですよ。
イモムシの中で多いのはヨトウムシと、コレ↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/hagurohabati.html

最初何の幼虫か知らなかったんですが、
あまりにもそのイモムシばっかりだったので
タデ科の植物(ヒメツルソバはタデ科)で調べてみたら。
成程〜〜。
やっぱり好きな葉っぱの種類って決まっているのですね〜〜。
確かに成虫らしき虫がハイビスカスの周りをブンブン飛んでいますね〜。
---

以前↑のような事があったので、
イモムシが食べていた葉っぱを見てみました。
葉っぱは、、、なんかクレソンぽい。
花は、、、咲いていない、というか、もう種がついてる!
あ、この種のつき方は、菜の花、、そうかアブラナ科だな〜。
アブラナ科に付くイモムシは、、モンシロチョウ??

モンシロチョウの幼虫らしきイモムシは、
もきゅもきゅ食べていたかと思うと、茎につかまったまま
全然動かない時もあり、結構見ていて楽しいので
ちょっと観察してみる事にしました。
幸い、チョウ大好きな人も知り合いにいるし。

つか、なんか一気に老後の楽しみって感じで
私は仕事に復帰出来るんだろうか。
[PR]
by vivian_n | 2005-11-08 22:00 | ひび。